札幌市立高等学校特別活動部長連絡協議会
 札幌市立高等学校「特別活動部長連絡協議会」では、次の目標を掲げ、各校の生徒会活動や部活動の活性化を図ることを目的に生徒・教師が相互交流をおこなっています。

(1)研修・交流を通じて真の生徒会リーダーを育成する。
(2)各校の活動内容や経験に学び、生徒会・部活動の運営の力量を高める。
(3)学校間、生徒間の交流を深め視野を広げると共に。創造力、コミュニケーション能力を育成する。
(4)市立学校生徒会協働の取り組みを通じて、社会に貢献する資質を養う。

 今年度の生徒会リーダー交流会(平成22年12月6日実施)は、節目の第10回目でしたが、名刺交換会やアイスブレークゲームなどを試みた結果、積極的な討論、活発な意見交換が行われ、大きな成果を得ることができました。
交流会研修の様子@ 交流会研修の様子A
終始、積極的な交流が図られ、主体的な意見が飛び交っていました。 各校の特色ある取組の紹介や課題があげられました。
<平成22年度全体テーマ>
みんなに届け!高校生の主張
〜より、いきいきした学校に進化するためにリーダーは今後どうあるべきか〜

◆分科会
・生徒会運営、行事運営
・学校祭ステージ発表
・学校祭模擬店、縁日
・学校祭展示、装飾、前後夜祭
・わが校のPR
・体育祭、部活動、他
交流会後の集合写真
1日がかりの研修にもかかわらず、
みんな最後まで元気いっぱい!
このページの先頭へ戻る トップページに戻る